ホワイトニングのお金がない人が、「低価格」で歯の白さを実感できる方法

タバコのヤニで歯が黄色いのをなんとかしたい! 26歳のバイト生ですが、ホワイトニングに興味があります。 でもあまりに高くてお金もないし、手が出ません。 なんとかよい方法がないものか? と探していたら、 ...

続きを見る

私の自信を取り戻してくれたホームホワイトニング

更新日:

小学校時代から段々と歯の黄ばみがでてきたコンプレックス!

私は小学校高学年の頃(母親の仕上げ磨きがなくなった頃から)から、歯磨きが雑になりだんだんと歯が黄色く汚くなってきました。

そのうち虫歯が出来て、歯医者に通うようになりました。
そこの歯医者はとても丁寧な対応の先生が多く、歯磨き指導や日常での注意なども丁寧に教えてくれました。

歯科助手の人に言われた衝撃の一言!

ある日いつものようにそこの歯医者へ行くと、歯科助手の若い女の人に、「汚い歯…」とはっきり言われました。かなりショックで、それからは自分の歯に自信がなくり、人前では大きく口を開けて話したり笑ったりすることが出来なくなりました。
高校生になり、美容の知識も自分で調べることが出来るようになり、ホワイトニングというものを知りました。
さっそく母に相談しましたが、母は「自分が黄色くしたんだから自分でお金を貯めてやりなさい。」とすぐに断ってきました。
しかし、一刻も早く歯を白くしたかったので、私はバイト代を貯めて、高校二年生でホワイトニングをすることができました。

意を決してホームホワイトニングに挑戦!

自分で時間を決めて出来る、ホームホワイトニングを選びました。
最初は昼間の二時間、つけようと思いました。しかし予想以上にいずさがあり、気持ち悪く二時間弱で外してしまいました。
二日目以降は少し慣れてきて、二時間から四時間位つけられるようになりました。五日目からは夜寝る前につけて約八時間(朝まで)つけるようになりました。

2週間我慢したけど、ホワイトニングきつかったー

我慢したかいがあり、二週間後には、私の歯は真っ白になっていました。
少し歯茎の痛みはありましたが、ホワイトニングが終了したら治ると思い、なんとか耐えました。

それからは自分の歯にも自信が持て、ホワイトニングをして、本当に良かったと思っています。

唯一ホワイトニングしている期間で我慢するのが辛かったことは、食事に気を使わなければいけなかったことです。
大好きなカレーなど、色の濃い食べ物や飲み物はほとんど禁止だったので、それがなにより辛かったです。

ホワイトニングのお金がない人が、「低価格」で歯の白さを実感できる方法

タバコのヤニで歯が黄色いのをなんとかしたい! 26歳のバイト生ですが、ホワイトニングに興味があります。 でもあまりに高くてお金もないし、手が出ません。 なんとかよい方法がないものか? と探していたら、 ...

続きを見る

-ホワイトニング体験談

Copyright© ホワイトニングお金ない.com , 2017 AllRights Reserved.